(2,844,087 - 172 - 2,092)
アイテム  イベント  ウインド三昧  アルバム  ドキュメント  ダウンロード  リンク  ショップ案内
高知ショップヤマモト〒781-0112 高知県高知市仁井田209-2 TEL/FAX:088-847-5277 ショップヤマモト (ウイングフォイル専門店)

商品アイテム一覧

キーワード
表示データ 1〜10件目/検索対象データ 15件/全データ 172件
カテゴリで探す
  • これ以上のカテゴリは
    ございません
詳しいご紹介

FANATIC ALL WAVE 75

5.7ジャスト、アンダー

サイド〜サイドオフ

波は、超小波

四国で乗る板は、とにかく走り出しがよくないと駄目だ。
走らないボードはそれだけでボードの魅力が半減する。
風の弱いとき、他のウインドサーファーが波間を10往復する間に2〜3往復しかできないような板は要らない、そんな板に当たると最悪だ。
そういう板は、ガスガスの風の中でも沖に出て行けるだけの浮力があり、波に合わせると走り出すラージウェーブ系のボードに多い。
四国ではそんな板は使えない。
沖からのうねりに乗ってこれる程パワーのある波は滅多に無いからだ。
詳しいご紹介

今年のFWは去年のと比べると、とてもマイルドな乗り心地で誰が乗っても(プレーニングできる方)乗りやすい万能ボードです。

プレーニングへの立ち上がりも去年同様早く、その走りは軽いです。
トップスピードを求める方は、ストラップを外側に取り付けると満足してもらえると思います。

波乗り性能もとてもマイルドな感じです。レイルは入りやすく、波間でのスピードも落ちにくいため信頼できる板に仕上がってます。(06はシャープな感じでしたが 07は波間でもマイルドで乗りやすいです。)

僕は体重が73圓△蝓104と95を乗り比べましたが、どちらに乗ってるか殆んど区別が付かない感じでした。
なので微風時にも乗れる104にいつも乗ってます。(5.8屐7.0屐

体重が70坩幣紊諒は104L
   60kg代の方は95L
   50埖紊諒は 86L
   40埖紊諒は 77L

あくまでも目安です。 

たまにしか波の立たないゲレンデで主に乗っている方は、20L飛ばしの2枚あればOKだと思います。

とにかく最大ボードはFWに限ります。
  
詳しいご紹介

07エボに乗った瞬間、板の幅が広いと感じ同時に安定感も感じました。
プレーニングへの立ち上がりもFREE WAVEと変わらないくらい良く走ってくれました。

波に乗ってみた。
「おっ」と声が出るほどその動きはシャープでクイック、しかも急激なターンにも失速しにくいのでトップターンも伸びる感じがする。
新開発のXTVのせいか?
乗っていて思わず顔が綻ぶ^^

5.8ジャスト〜アンダー〜オーバ〜波は腰〜胸で2回、4.2アンダー〜ジャスト波は膝〜腰で1回乗ったけどとても楽しく乗れました。

「今の自分の波乗りを変えたい!」と思っている方にお勧めです。
詳しいご紹介

75Lはコーンケーブボトム、85LはVボトムです。

75は乗った感じNEW WAVEをS&Wにした感じで、走りと波乗り性能は凄く良く、ほんとにその名の通りどこでもどんな波でも誰にでも乗りやすく楽しめるボードだと思います。(3.7屐5.8屬泙OKです)

85はFREE WAVEをさらにS&Wにした感じのボードだと思います。
走り上り共にFWなみに良く、波に乗ると凄く乗りやすいため、ラインが変わります。(4.2屐6.0屬泙OKです。)
とにかく全てにおいて標準以上で、初めてS&Wにトライする方にもお勧めです。
詳しいご紹介

ブルーの綺麗なボードです。

プレーニングの立ち上がりも早く、上りも良い。
(5.9kgという軽さのせいか?ボトムのコーンケーブが良いのか?)

ただショート&ワイドの板に乗り慣れていない方には若干の慣れが必要かもです。(イマイチ走らせられないベテランもおりました。^^)

ガスティな波間もジョイント〜ストラップ間につけられたボリューム配分がよくゲッテングアウトも楽でした。(体重が70坩焚爾諒はオーバー時にこのボリュームが邪魔になりそうですが、その時は板を小さい板に変えれば良いですね^^)

波間ではうねりに合わせると良く走り、ボトムターンもボトムの形状のせいか、しっかりとスムーズにレイルが入り気持ちが良くトップターンへと導いてくれます。

体重が70坩幣紊S&W系のWAVEを目指したい人にお勧めです。
詳しいご紹介

’08freewave95
ストラップを取り付けて持ち上げた瞬間「おっ軽い」と感じました。

完成度の高かった07モデルのアウトラインを踏襲しつつ素材をさらに軽く仕上がった08モデル。
素材の軽さゆえプレーニングの入りもさらに早く、走りもさらに軽く感じられます。

オンショアコンディションではそのスピードを生かして、波のトップまで行きやすいです。

走りが軽いのでフリーライドににも十分使えるボードです。

ライトウインドWAVEコンディションにおいて、楽に波に乗れて、楽にプレーニング出来るこの板の右に出るボードはないのでは?
やはり最大ボードはFREEWAVEに限ります。
(ただし、レーサー、スラローマーさんを除く)

詳しいご紹介

世界NO.1のセイルメーカーです。

今年のNORTHは綺麗な色合いになってますね。

パワーレックスの430で張りましたが、イーブンベンドのマストなのでフットのバテンが返りにくいですが他に問題は無かったです。(と言うかクソオーバーにならないとその差は分からないかもです。)

NORTHのGOLD RDM430で張るとボトムが固くトップが柔らかいトップベンドマストなのでフットのバテンがわりとスムーズに返りました。(若干返りにくいようでもあります。)

ジャスト〜アンダー〜オーバーで乗りましたがドラフトが前寄りにありオーバー時もバックハンドプレッシャーを殆んど感じませんでした。

走行時にトップを見たら綺麗にリーチが開いてました。
またハンドリングが軽く、かなり信頼性の高いセイルに仕上がってます。
詳しいご紹介

07モデルと殆んど一緒ですが重量とグラフィックが変わってます。

乗った感じは去年同様にソフトで乗りやすく、08モデルは軽くなった分だけ走りもカービングも良くなった様に感じました。

5.0に104Lで乗った時に、95Lで乗っていると勘違いして乗って最後まで気が付きませんでした。^^
詳しいご紹介

全面にX-plyを採用し強くて軽い。 ローエンドパワーとコントロール性能を重視したセイルです。

今年のモデルも綺麗なカラーですね。
ホットロッドのマストで張って見ました。

ブームから下のフォイルがやや深く張れました。
ジャスト15分、後はアンダーで乗りました。
詳しいご紹介

今日は松井プロにQUATRO81をお借りしました。
さすがQUATRO走りも波乗りもシャープでした。
癖が無く素直な感じで、乗り手の意思が板にストレートに伝わります。
インサイドがガスティーでしたが、板のバランスが良く波越えもスムーズでした。^^
Copyright(C)2023yamamoto.shop39.netAll Rights Reserved.